認知行動療法で不眠を治す

不眠はメンタルヘルスの不調の一種です。
最近は重度の睡眠障害の場合、心理カウンセラーやセラピストによる心理療法によって不眠を治してもらうケースもあります。
睡眠薬がとにかく寝かすのに対して、カウンセリングによる療法は、問題を解決して自然に眠れるようにするというものです。
もちろん問題を解決する方が望ましいのは言うまでもありませんね。
SAYA0I9A8798_TP_V2.jpg
ただしカウンセリングはお金もかかります。
平均的なカウンセラーでも1回のカウンセリングで数千円はしますし、何度も受ける必要がありますので、かなりの金額が必要になります。
病院で睡眠薬を処方してもらうのと違い、保険も使えません。

そこで、睡眠に関する心理療法の本を購入して、自分でそのスキルをマスターしてしまうというのも一つの手段です。
実際に認知行動療法という心理療法を通じて不眠を改善したという人が書いたベッドにいてはいけないという本が参考になります。

著者が不眠に悩んで睡眠専門クリニックへ通い、不眠の認知行動療法を受けて睡眠を改善した手順が書かれています。
もちろん著者同様、専門の心理療法家にカウンセリングを受ける方が効果が期待できるのは当然ですが、しっかりと手順通りにやっていけば、ある程度の効果は期待できると思います。

こういうスキルを手に入れるメリットは、自分で一生使えるということです。
また同じ問題を抱えている知り合いに対しても使うことが出来ます。
ただ他人に対して心理療法を用いるときは、それなりに知識・スキルは必要になってくると思います。
その時にはもう少し専門的な本も読んでおいた方がいいでしょう。

本気で学ぶなら、こちらの睡眠障害に対する認知行動療法 行動睡眠医学的アプローチへの招待がオススメですが、専門家向けですので心理療法などを勉強したことのない方には難しいかも知れません。

もしかしたら難しいので読んでいるだけで眠くなるかも……(笑)
それはそれでこの本を買う価値があると言えるかも知れませんね。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

牛乳は睡眠に効果的?

寝る前に牛乳を飲むと眠りやすくなるといいます。
しかし実際に夜に牛乳をそのまま飲む人は少ないと思いますが、本当に効果があるのでしょうか?
牛乳と睡眠について調べてみました。
150912505714_TP_V2.jpg
牛乳にはトリプトファンというアミノ酸が含まれています。
このブログでも紹介した睡眠サポートサプリにもよく含まれている成分です。
トリプトファンはセロトニンという神経伝達物質の材料になり、睡眠と大きく関係のあるメラトニンの生成を促します。
メラトニンは体内時計の調整に非常に大きな役割を持つ物質で、本来は人間の体内に自然にあるものなのですが、年齢と共に分泌量が減少してしまうので、食事などから摂ることで健康な生活習慣を維持しやすくなります。
さらに牛乳にはカルシウムが多いので有名ですね。
カルシウムはイライラを抑えたり、中枢神経の興奮を鎮める効果もありますので、牛乳は睡眠に役立つと考えて間違いないと思います。

ただ寝る前に冷えた牛乳をそのまま大量に飲むと、体が冷えてしまって睡眠効果は落ちてしまうかも知れません。
出来ればホットミルクの方が睡眠のためにはいいと思います。
これからの時期にホットミルクはキツいですけど……。
夏場だと少々冷えても問題ないのかな? 

ところで夜間に搾乳した牛乳のことをナイトミルクといい、さらに睡眠効果があるといわれています。
牛は夜間になると昼間の3~4杯のメラトニンを生成するので、夜に絞った牛乳を飲むと、それだけ多くのメラトニンを摂ることが出来るというのがその根拠らしいです。
ただこの説はどこまで本当かよく分かりませんし、そもそも簡単に手に入るものではありませんので、あまり気にする必要はないでしょう。

夜に睡眠サポートサプリを牛乳で飲むといいかも知れませんね。
実際に私も一度試してみようと思います。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

1,830個以上の点で支えるマットレス!

今回は新たにかなり良さそうなマットレスを発見したので紹介します。
なんと1,830個以上(シングルサイズの場合)の点で身体を支え、理想の睡眠姿勢へと導いてくれる効果があるという「エアキューブ(AIR CUBE)」という商品です。



数多くの点で支えることで体圧が分散されるため、寝ている間の血流が妨げられないので、質の良い睡眠を取ることが出来るのだそうです。
また体圧分散の効果はそれだけではなく、分散されるために体が寝具に沈み込まず、寝姿勢が悪くならないというメリットもあります。

個人的に嬉しいのが、マットレス単体で使う「10cm MATRESS」タイプと、現在使っている寝具の上に載せて手軽にグレードアップ出来る「5cm TOPPER」タイプの二種類から選択できることです。
acm01.jpg
まだ今のマットレスを捨てるのはもったいないとか、各自の状況・予算に合わせて、どちらを選ぶか選択できるのが嬉しいところです。
すでにマットレスの買い換えようと思っている方は「10cm MATRESS」タイプを、今のマットレスもまだまだ使えるけど、もっといい寝具も検討したいなというような方には「5cm TOPPER」タイプをオススメします。

またこれほどの特殊構造でありながら通気性もよく、表面はニットメッシュになっていて、手触りは常にサラっとしています。
付属のマジックテープで、簡単に丸めて収納することも可能というのも嬉しいところです。
カバーは丸洗いが可能なので、いつでも清潔です。本体はさすがに洗えませんので陰干ししましょう。

口コミなどを見てみると、買ってすぐよりも、使い始めてしばらく経ってから、その効果を実感したという人が多いみたいです。
最初のうちは、点で支えるという慣れない構造に違和感を感じてしまう人もいるみたいですが、本当に最初だけで、すぐに以前よりいい寝心地を感じられるようです。

点で支えるマットレス、AIR CUBE(エアキューブ)の効果はぜひ試してみたいですが、今のところ寝具を買い換える予定も余裕もありません……。
いずれチャンスがあれば、考えたいと思っています。
もし興味を持たれた方はぜひ、エアキューブの効果を試して欲しいと思います。





人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村