「アラプラス 深い眠り」で深い眠りを!

前回の「ラクトフェリンS」に続いて、今回も新しいタイプの睡眠サプリを紹介します。
「アラプラス 深い眠り」というわかりやすい名前のサプリメントになります。
テレビCMも放送しているようなので、名前ぐらいは知っているという人も多いと思います。
apf03.jpg
この「アラプラス 深い眠り」にはALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)という成分が配合されています。
ALAは、睡眠の質やエネルギー代謝をサポートする成分で、健康的な体を支える、生命維持に欠かせない元気の源とも言える成分です。
ですがALAは、多くの健康・美容成分同様に、年齢と共に減少してしまいます。
しかも食事から摂るのもとても難しく、ALA50mgを摂るためには、トマトで約500kg、ほうれん草で約310kgも食べないといけません。
これでは人間には絶対に無理です。
そこで「アラプラス 深い眠り」が登場しました。

「アラプラス 深い眠り」は臨床試験でも効果は実証済みです。
6週間、「アラプラス 深い眠り」を摂った場合と、摂らなかった場合で比較した結果、3週間で改善傾向が見られ、6週間で大幅に改善されるという結果が出ました。
apf01.jpg
これらの結果から「アラプラス 深い眠り」は、消費者庁により睡眠の質を改善する機能がある機能性表示食品として認められています。

非常に期待の睡眠改善サプリですが、一つだけデメリットを挙げると、価格が高いことです。
公式サイトだけでなくAmazonなどでも販売されていますが、通常価格は5,500円(税抜)となっています。

そこでオススメなのが公式サイトから定期購入することです。
定期購入なら、初回は50%OFFの2,750円(税抜)になります。
しかも定期によくある購入回数の制限などもありませんので安心して、とりあえず試してみる事も可能です。
注意点としては、2回目以降は、60日分が入ったボトルを2ヶ月に1回届き、約20%OFFの9,504円(税込)+送料550円(税込)となることです。

ずっと睡眠の質に悩んでいるあなた、「アラプラス 深い眠り」で、国に認められた睡眠改善効果を試してみましょう。




人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

睡眠の質とお通じを同時に改善するサプリ

今回は有名なサンスターから販売されている、睡眠の質とお通じをWで改善してくれるという「ラクトフェリンS」というサプリメントを紹介します。
top.jpg
この「ラクトフェリンS」には、名前の通りにラクトフェリンという成分が含まれています。
ラクトフェリンは良い菌と悪い菌のバランスを変化させるよう腸内フローラに働きかけ、硬めの便の状態をなめらかにする機能と、起床時の眠気や疲労感を軽減する機能があるそうです。
残念ながらお腹を下しがちの方には向いていないようですね。

またラクトフェリンが腸へしっかり届くよう、超微粒子化した大豆由来の膜で多層コーティングするという独自のアイデアも採用されています。
しっかりと成分が腸まで届くので、確実に効果が期待出来るようです。

今までに睡眠の質とお通じに関するWの効果があるサプリというのはなく、日本では最初のサプリメントになります。
同時に整腸サプリと睡眠サプリを飲んでいた方は、これ一つにまとめるとお得になるかも知れませんね。

ちなみにこの「ラクトフェリンS」は、初めての方限定で1週間体験キットがわずか500円でお試し出来ます。
lfn01.jpg
定期購入の初回が安くなる、などではないので、定期購入という形に抵抗がある方も安心ですね。
そもそもサンスターという大会社ですので、そこまで心配する必要はありませんが。
もしあなたが睡眠とお通じの両方に悩んでいるのなら、ぜひサンスターの「ラクトフェリンS」をお試ししてみましょう。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

考え方一つで楽になる

睡眠に関する悩みで多いのは、不眠や中途半端な時間に起きてしまう、眠りが浅いなどです。
その中でも一番問題なのが、不眠をはじめとする睡眠不足でしょう。

ですが睡眠不足で悩んでいる人が、まず最初に考えて欲しいのは、睡眠に対する考え方に間違っているものはないか、偏っているものはないかを見直すことです。
BIS151026523985_TP_V2.jpg
例として挙げると、1日に8時間寝るのが理想、というものがあります。
8時間睡眠はよく言われますが、実際には何の根拠もありません。
そもそも個人差もありますので、日中のパフォーマンスが落ちるとか、眠気でどうしようもない場合を除けば、1日6時間でも5時間でも問題ないのです。

逆に普段4~5時間しかねていない人が、たまに6~7時間寝ればすごく眠ったような気になります。私もそうですが(笑)
何時間寝ないといけないという思い込みを捨てるだけで、気持ちは楽になります。

人それぞれ考え方や思い込みはありますが、中には間違った考えもあります。
それを見つけ、間違いを修正すれば、それだけで心は楽になります。
そうすれば自然とリラックス出来るようになり、不眠も解消されます。

このブログは「睡眠改善研究所」ですので、当然ながら睡眠を例に挙げましたが、間違った考えや思い込みを修正するという考え方は、他の悩みに対しても使える、心理カウンセリングのテクニックです。(※管理人は民間ですが心理カウンセラーの資格を持っています)
とてもシンプルですが、いろいろな例に応用できますので、ぜひ試してみてください。
何か問題があったら、一度自分の考え方を見直したりする習慣を持つようにしてみてください。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村