数字を数えて眠るテクニック

今回は眠れない時に数字を数えることで眠りやすくする技を一つ紹介します。
といっても羊を数えるとかそう言うのではありません。
ずっと前に書いたと思いますが、日本人が羊を数えることに意味はありません。
kawamura1030IMGL4253_TP_V2.jpg
この写真にも特に意味はありません(笑)
ちなみにこの技は以前に本で読んだものです。
どの本だったのか忘れましたが、たしか有名な脳機能学者の苫米地英人博士の本だったはずです。
完璧に覚えているわけではないので、少し間違えてたら勘弁してください(笑)

まず頭の中で数字を数えます。200から順に197、194、191と3つずつ引いていきます。
それから同時に右手を動かしながら、左手では1、2、3、4とタッピングしていきます。
引き算するだけなら簡単ですが、同時に両手を動かしながらだとかなり面倒です。
ある程度数えていくと数字の方もわからなくなってきます。
面倒くさくなったら、自己暗示的に「もうこんな面倒なことは止めて寝てしまえ」と自分に言い聞かせます。
すると脳が「もう止めていいんだ」という感じになって、すぐに眠れるというものです。

これは催眠の技術の応用でもあるそうなので、人によって効果には差があるかも知れません。
ちなみに苫米地博士は日本催眠術協会の理事でもあるそうです。
この人に対する評価は様々ですが、多方面に深い知識を持っていることに対しては純粋にスゴいと思います。

話が脱線しましたが、とりあえず頭の中で引き算をしながら同時に両手を使ったりしていると、嫌なことを思い出したりして眠れないということだけはなくなると思います。
軽い気持ちで試してみてください。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント