牛乳は睡眠に効果的?

寝る前に牛乳を飲むと眠りやすくなるといいます。
しかし実際に夜に牛乳をそのまま飲む人は少ないと思いますが、本当に効果があるのでしょうか?
牛乳と睡眠について調べてみました。
150912505714_TP_V2.jpg
牛乳にはトリプトファンというアミノ酸が含まれています。
このブログでも紹介した睡眠サポートサプリにもよく含まれている成分です。
トリプトファンはセロトニンという神経伝達物質の材料になり、睡眠と大きく関係のあるメラトニンの生成を促します。
メラトニンは体内時計の調整に非常に大きな役割を持つ物質で、本来は人間の体内に自然にあるものなのですが、年齢と共に分泌量が減少してしまうので、食事などから摂ることで健康な生活習慣を維持しやすくなります。
さらに牛乳にはカルシウムが多いので有名ですね。
カルシウムはイライラを抑えたり、中枢神経の興奮を鎮める効果もありますので、牛乳は睡眠に役立つと考えて間違いないと思います。

ただ寝る前に冷えた牛乳をそのまま大量に飲むと、体が冷えてしまって睡眠効果は落ちてしまうかも知れません。
出来ればホットミルクの方が睡眠のためにはいいと思います。
これからの時期にホットミルクはキツいですけど……。
夏場だと少々冷えても問題ないのかな? 

ところで夜間に搾乳した牛乳のことをナイトミルクといい、さらに睡眠効果があるといわれています。
牛は夜間になると昼間の3~4杯のメラトニンを生成するので、夜に絞った牛乳を飲むと、それだけ多くのメラトニンを摂ることが出来るというのがその根拠らしいです。
ただこの説はどこまで本当かよく分かりませんし、そもそも簡単に手に入るものではありませんので、あまり気にする必要はないでしょう。

夜に睡眠サポートサプリを牛乳で飲むといいかも知れませんね。
実際に私も一度試してみようと思います。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント