考え方一つで楽になる

睡眠に関する悩みで多いのは、不眠や中途半端な時間に起きてしまう、眠りが浅いなどです。
その中でも一番問題なのが、不眠をはじめとする睡眠不足でしょう。

ですが睡眠不足で悩んでいる人が、まず最初に考えて欲しいのは、睡眠に対する考え方に間違っているものはないか、偏っているものはないかを見直すことです。
BIS151026523985_TP_V2.jpg
例として挙げると、1日に8時間寝るのが理想、というものがあります。
8時間睡眠はよく言われますが、実際には何の根拠もありません。
そもそも個人差もありますので、日中のパフォーマンスが落ちるとか、眠気でどうしようもない場合を除けば、1日6時間でも5時間でも問題ないのです。

逆に普段4~5時間しかねていない人が、たまに6~7時間寝ればすごく眠ったような気になります。私もそうですが(笑)
何時間寝ないといけないという思い込みを捨てるだけで、気持ちは楽になります。

人それぞれ考え方や思い込みはありますが、中には間違った考えもあります。
それを見つけ、間違いを修正すれば、それだけで心は楽になります。
そうすれば自然とリラックス出来るようになり、不眠も解消されます。

このブログは「睡眠改善研究所」ですので、当然ながら睡眠を例に挙げましたが、間違った考えや思い込みを修正するという考え方は、他の悩みに対しても使える、心理カウンセリングのテクニックです。(※管理人は民間ですが心理カウンセラーの資格を持っています)
とてもシンプルですが、いろいろな例に応用できますので、ぜひ試してみてください。
何か問題があったら、一度自分の考え方を見直したりする習慣を持つようにしてみてください。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント