寒い夜でも厚着のままで寝ない

今年は暖冬となっていて、例年に比べると極端に寒い日は少なくなっています。
ですが夜はやはり冷えますし、急に気温が下がる日もあります。

冬場は寝る前にパジャマの上に上着を羽織っている人も多く、寒い日はそのまま寝てしまう人もいるでしょう。
最近はパジャマも進化していて「着る毛布」などというものもあります。
ですが寒いからといって、厚着のままで寝てしまうと、スムーズな寝返りを妨げてしまい、睡眠の効果が悪くなってしまいます。
kawamurayukaIMGL037352_TP_V2.jpg
寝返りには、腰や背骨のゆがみの調整、筋肉の疲れをとる、ふとんの中の温湿度調整、血液循環を促す、眠りのリズムを整えるなど、重要な役割がたくさんあります。
厚着していると、寝返りがしづらくなったり、寝返りしてもこれらの効果が上手く機能しなくなったりしてしまいます。

ちなみにふかふかすぎる敷き布団も、寝返りの効果をそこなう可能性があります。
敷き布団はそれなりの硬さがないと、睡眠の質を悪くしてしまうので注意が必要です。

さらに重ね着をしすぎると汗が蒸発しにくなり、体の熱が発散されず寝苦しくなります。
なのでなるべく薄手で吸汗性のあるものがオススメです。

また電気毛布などで温めて寝る方もいると思いますが、これも暖かすぎると眠りにくくなります。
深部体温が徐々に下がっていくことで眠りやすくなるのですが、暖かすぎると自然な眠りが得られず、不眠や中途覚醒に繋がります。
重ね着し過ぎの時と同様に、汗をかいて寝苦しくなってしまう場合もあります。
電気毛布を使うときは、タイマーで1~2時間後には切れるようにしておきましょう。

もちろん寒すぎて目が覚めてしまうのは論外ですが、布団に入った状態でちょうどいい感じになるように調節しましょう。
極寒の地に住んでいるのでもなければ、寝る時は基本的に薄着にしましょう。


人気ブログランキング参加中です。よろしければ1日1クリックお願いします。

睡眠障害ランキング

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 不眠症へ
にほんブログ村

この記事へのコメント